BiCYCLE CLUB 2019年9月号 もっとラクに走るテクニック

気ままに読んで、初心者視点で思ったことを好きなように書く雑誌レビューシリーズ。

今回は「BiCYCLE CLUB 2019年9月号」です。

2019年の雑誌もこれ3/4が経過ということで、時の経つ早さを痛感させられますね。。。

MEMO

このレビューは電子書籍(Kindle)をベースとしているため、付録のレビューはありません。

主なコンテンツ

今回のメイントピックは「もっとラクに走るテクニック」です。

おそらく全ローディーが求めているスキルなので、このトピックだけ見て買う人もいらっしゃるでしょうね。

もっとラクに走るテクニック

今回のメイン特集で、3つの視点で走行テクニックが書かれています。

  • フォーム&ペダリング
  • ボディコントロール
  • 機材&補給

フォームのポイントと重要性が分かりやすく説明されており、「あ〜なるほど」と思うことも多くて、初心者には非常に参考になります。

機材はどうにもなりませんが、フォーム・ペダリング・ボディコントロールについては、今からすぐに取り組める内容が書かれているので、このブログを書き終えたら早速ローラーで試したいと思います。

2020 NEW MODEL速攻試乗&詳細!

早いもので、すでに各メーカから2020年モデルが発売され始めています。

今回は、その各メーカの新モデルや試乗の感想が記載されています。

もはや「ディスクブレーキでなければロードバイクにあらず」と言わんばかりに、ディスクブレーキモデルしか掲載されていません。私の次のバイクはディスクになるんでしょうね、きっと。

ディスクブレーキ最新モデルクローズアップ

先ほどの2020年モデル特集でもあったように、時代はディスクブレーキ。

この記事では、ディスクブレーキの特徴や利点、SHIMANOの最新モデル情報などが記載されています。

これからの時代、ディスクブレーキは避けて通れないので、こういう記事で少しでも勉強しておいた方が良さそうだなと思わされました。

欲しい!Eフォールディング小径車

Eバイクに関する記事で「え、Eバイクで折りたたみとかあんの!?」と思ったので、ブログに書きました。

Eバイクは過去に試乗したこともあって、その性能のチートぶりに驚かされたのですが、上り坂でもグイグイ進めるので、折りたたみだったら言葉どおり”どこへでも気軽に”行けそうですね。

まだまだ値段が高いですが、将来的には欲しいかもです・・・。

おわりに

今回のメイン特集であるラクに走るテクニックは、初心者向きで得られるものが多かったので、じっくり読み込みました。

ネットだと色んな情報が錯綜していてどれが正しい情報なのか分からなくなりがちですが、雑誌に関しては監修がいたりして、エビデンスをしっかり確認しているでしょうから割と安心ですね。

あと、雑誌の良いところは、「へぇ〜、シマノはディスクブレーキでも105とかDURA ACEって名前使ってるんだな〜」といった、おそらくローディー界隈で当たり前に知られているであろうことを勉強できるところだと思います。

「知らない」ということは決して恥ずかしいことではありませんが、周りの会話に当たり前のようについていける知識をつける努力は継続していきたいものです。

BiCYCLE CLUBを格安で読む方法

電子書籍(Kindle)で「BiCYCLE CLUB」を安く読む方法を紹介しています。

読書好きにオススメ!自転車・サイクル雑誌を安く楽しむ方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。