ロードバイクで音楽を聴くためのイヤホン・スピーカー

人類は音楽と共に過ごしてきた歴史もあり、音楽が好きという方も非常に多いと思います。

私も音楽が好きで、家でも移動中でもほぼずっと音楽を聴いています。

そんな音楽好きのロードバイク乗りであれば、誰しも一度は思うことがあります。

「自転車に乗りながら音楽を聴きたい」

ただ、自転車は自動車のように音楽プレイヤーとスピーカーが付いていないので、自力でプレイヤーとスピーカーを準備する必要があります。

プレイヤーはスマホでOKですが、問題はスピーカーです。スマホのスピーカーは音質の悪さと音量の小ささで自転車には採用しづらいので、イヤホンという選択肢を取ることになります。

 

「じゃあ、イヤホンを耳に着けて出発だ〜」と行きたいところですが、残念ながら自転車運転中のイヤホンは法律に抵触する可能性があります。

 

では、ロードバイクに乗っている時の音楽鑑賞は諦めるしかないのでしょうか。

実は、ここ数年の動きとして、従来の「耳の穴を完全に防いでしまう」タイプのイヤホンではなく、新しいタイプのイヤホン(スピーカー)が生まれてきましたので、今回は“自転車でも使える(と思われる)イヤホン”をご紹介したいと思います。

注意

ここでご紹介するのは「自転車に乗る時に使っても確実にOK」というものではありません。

使用時の状況や、住まいの県の条例によってはNGとなりますので、使用個人の責任で参考のうえ使用してください。

首掛けタイプのウェアラブルスピーカー

首にかけた輪っかから音が出る仕組みになっていて、首から上に自分専用の”音楽空間“ができるスピーカーです。

最近、自転車雑誌の広告などでよく見るのが、首にかけるスピーカーの「CAX-NS1BT」(メーカ:JVCKENWOOD)です。

音が漏れまくりそうですが、スピーカーの指向性がきちんと計算されていて、自分の耳にピンポイントで出してくれるようになっているので、思ったよりは音が漏れるということは少ないそうです。

本製品は利用シーンとして「サイクリング中」も想定されているので、法的にもOKとみなされる可能性が高いと思われます(メーカが警察に確認しているかは不明ですが)

ただ一点気になるのが、本製品が“防水対応ではない”ということです。

ロードバイク乗りはよく知っていることですが、自転車というスポーツは、実はかなりの汗をかきます。

ヘルメットをしていれば、汗がスピーカーに滴ることはある程度防げますが、鎖骨付近の上に乗せているので、ジャージの上着を抜けてくる汗にちゃんと対応できるのかが気になるところです。

なお、サイクリング用途は想定されていませんが、BOSEやSONYといったメーカからも同じようなスピーカーが販売されています。

Bose SoundWear Companion speaker ウェアラブルネックスピーカー

Bose SoundWear Companion speaker ウェアラブルネックスピーカー

29,726円(02/24 20:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

骨伝導イヤホン

通常、音は”鼓膜”を通じて感じるものですが、”骨”を通じて音を得るのが骨伝導です。

こちらも直接耳を塞がずに音楽を聴くことができるので、自転車で音楽を聴くための手段としてよく取り上げられます。

日本のプロロードレーサである、別府史之選手が使用している骨伝導イヤホンとして有名なのがAFTERSHOKZの「Aeropex」です。

<出典:AFTERSHOKZ, Aeropex, https://aftershokz.jp/products/aeropex>

骨伝導はスポーツ用でもよく使用されており、前述の首掛けスピーカーと比べて一般的な認知も高いので、もし私が自転車での音楽を聴きたいと思ったら、このタイプを採用すると思います。

イヤホンのようだけど耳を塞がないイヤホン(これはたぶんNG)

最近、下記で紹介するような耳を塞がないタイプのイヤホン(SONY製)も出ていますが、コレは一般的に認知されていない(=警察官も把握していない)ので、耳を塞いでいるということでNGになる可能性が高そうです。

でも、そもそも自転車走行中に音楽って法的にどうなの?

街中で当たり前のように見かける「イヤホンを着けた自転車乗り」ですが、そもそもこれは法的にはOKなのでしょうか。

結論から言うと、NGではないです。

実は、明確に「イヤホンはダメ」ということは法的に定められていません。

が、これはかなりダークに近いグレー状態で、実際には「イヤホンを着けていたら警察に呼び止められた」といったケースも多くみられます。

では、その”呼び止められる“”呼び止められない“の基準は何なのでしょうか。

ここに関しては、道路交通法という大元の法律を基に、各県レベルで条例が定められていたりします。

参考までに、私が住んでいる福岡県の県警に聞いた時のコメントを記載します。

  • 基本は道路交通法に則って公務を行なっている
  • イヤホンなどで耳を塞いでいるか、いないか、は直接的な問題ではない。
  • 音楽を聴いていることによって周りの音が聞こえない(特に緊急車両のサイレンなど)状態はダメ
  • その時の状況次第でどう判断されるかが変わる

ということで、整理すると「法律とか条例とか色々あるけど、その時の状況次第でどう判断されるか決まる」という内容で、残念ながら、明確にこれはダメ、これはOKという回答はありませんでした。

なので、「音楽を楽しみながら走りたい!」という方は、自転車で走る県の県警に確認したうえで、自己責任で走るようお願いします。

今回の記事は、ロードバイク初心者向けポッドキャスト「Dancing FM」でも解説

今回の記事は、DancingFM Episode20でも取り上げていますので、ご興味があれば、ぜひこちらもお聞きいただければ幸いです。

おわりに

今回、”自転車でも使えそうな”イヤホンを取り上げましたが、私のようにたまにしか自転車に乗らない人間ですら、ロードバイクは平坦で25〜30km/hぐらい出ます。

エンジン音がないので比較は難しいのですが、速度的には原付自動車レベルになるので、風切音も大きく、周りの音が聞こえづらい状況になるので、音楽を聴くのであれば十分にお気をつけください。

(近年はゾッとするぐらい、音のしない車が多いので。。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。