2018年のロードバイク生活を振り返る〜膝痛であぼーん〜

今年もいよいよ終わろうとしていますが、皆さま2018年はどんな1年だったでしょうか?

私はといえば、全体的には良い1年でしたが、後半の故障でかなり落ち込んだので「今年は最高だったわww」とはいかない感じでした。

そんな2018年を、過去のブログを参照しながら振り返りたいと思います。

1月

2017年は「本当に必要なモノ」だけを買い漁っていましたが、2018年は「あったら良いモノ」を中心に買い足していきました。

その中でも、1月はウインドブレーカーやシューズカバーなどを購入。

aptウインドブレーカー表apt’のウインドブレーカーを着たら極寒の下りが楽になった aptシューズカバーapt’のシューズカバーで足先を温める

そして、この頃にはロードバイク2年生になったということで、少しずつですがメンテナンスにも力を入れるようになりました。

チェーンチェッカーで、チェーンの伸びを調べてみた 初心者の私がやっているチェーンメンテナンス方法 初心者の私がやっているスプロケメンテナンス法

2月

今年の2月は寒すぎて、外に出るモチベーションは全くありませんでした。だってゆるポタ勢ですもの。

外に出ないのでブログのネタもない、そんな時間を過ごしたのが2月です。

あ、でも、ペダルをTIME(いただきもの)に交換したりはしました。

TIMEペダルペダルをTIME expressoに替えてみた

3月

3月に入ってからは、ずっと気になっていた「今のセッティングは自分に合っているのか」を確認するため、フィッテングサービスを受けました。

ビアンキカフェ&サイクルズでフィッティングサービスを受けてきた

フィッティングサービスは安くはありませんでしたが、フィッティングだけでなくペダリングについても確認することができたので、お金を払うだけの価値がありました。

その後、フィッティングサービスの結果を受けて、すぐにステムの交換(100mm→120mm)を実施。

120mmステム初めてのステム交換(100mm→120mm)

たった20mmの差ですが、実際に走ってみると大きな違いで、とても走りやすくなりました。

「自分の体を知る」という意味でも、乗り始めてある程度経ったらフィッティングサービスを受けることをオススメしたいですね。

4月

4月は、忘れもしない「地獄の大雪ライド」がありました。もうこの写真見るだけで吹いちゃう。

久しぶりのグループデスライド〜生死の境を彷徨う〜

九州で4月に雪が降るということ自体おかしい出来事なのに、よりによってそんな日に走りに行ったという経験も相まって、一生忘れないライドになりました。

 

また、この4月中に、ずっと「ダセェwww」と小バカにしていたビブも導入しました。

apt’のビブタイツを買ってみた

実際に使ってみたらビブタイツはとても良く、以降、ずっと使い続けています。(トイレのときだけ面倒ですが・・・)

5月

5月には、友人からの提案でカーボンの軽量バイクを借してもらえることになりました。

ここ1ヶ月ほどTREK Emonda SLに浮気していた 人様のバイクで初めてのセンチュリー(160km)ロングライド

この経験は、「自転車が変わっても、たいして変わんねーだろ」と思っていた自分の思い込みを、良い意味で裏切ってくれました。

「やっぱお金かけると、エンジンがクソでもそれなりに速く走れるようになるんだなー」と実感。

6月

6月には、それまで借用品だったハイブリッドローラーを買い取り、私物化しました。

ローラー「FG540」を私物化した

この勢いで、バーチャルライド「Zwift界」に進出。

ミノウラハイブリッドローラーFG540でのZwiftの始め方

これによって、自宅で自転車をする盤石の体制が整いました。(これがあとで悲劇を生むわけですが・・・

7月

7月は、ローラーメインの日々でした。

Zwiftの無料期間を終えて正式に月額契約したので、出張のない日々はほぼ毎日のようにローラーを回していた記憶しかないです。

もうね、ハムスターかと。

8月

ローラーを始めて約1年。

ローラーが私物になった6月からさらに乗る回数が増え、Zwiftで自分の出力(FTP)が見えるようになると、悪い欲が出てきます。

 

『もっと速くなれるんじゃないか?』と。

 

それから、まだしっかりと筋力がついているわけでもないのに、日に日にFTPの目標値を上げてトレーニングを続けていったある日、悲劇が起きました。

Zwiftでローラートレーニングしてたら膝を痛めた

この膝の痛みによって、これから先、自転車を楽しむことができなくなります。

9月

膝を痛めてからも「すぐに治るのでは」という期待と共に、1週間毎にローラーに乗っていました。

しかし、乗って回すたびに痛みが出て、一向に治る気配がなかったので病院へ。

膝の痛みが引かないのでスポーツ整形外科に行ってきた

骨に異常がないことは分かりましたが、無理せずに自転車と付き合っていくよう医者から言われました。

しかし、自転車に乗れないからといって悲観しているわけにもいかず、良い機会だと思って、自転車雑誌などを読んで勉強をしていました。

読書好きにオススメ!自転車・サイクル雑誌を安く楽しむ方法

また月末ごろには、膝が痛いながらもグループライドに参加して、みなさんに気を使わせて返って申し訳なかったなと思うこともありました。

唐津グループライド〜岬で荒ぶる怪しい集団〜

10月

10月は・・・ほとんど何もしてないですね、えぇ。

膝を治す(=自転車に乗らない)ことに専念していたのと、仕事の多忙で、ほとんど自転車に触れていませんでした。

おかげで、久しぶりに自転車に触ろうとしたらクモの巣が張っていたぐらいです。

 

ただ、そんな10月の末には、今年初のサイクルイベントに参加することができました。

「サイクリング in ひとよし球磨」イベント参加レポート

膝の不安でのんびり写真撮りながら走っていたせいで、足切りに合うという失態を犯しましたが、膝も痛くならずにゴールできたので、満足しています。

11月

11月には、今年の目標の一つであったサイクリストの聖地、「しまなみ海道ライド」に行くこともできました。

ロードバイク de しまなみ海道1日目〜尾道から今治〜 来島海峡大橋ロードバイク de しまなみ海道2日目〜今治から尾道〜

途中、膝痛がぶり返すようなこともありましたが、なんとか楽しく走り切ることができました。しまなみマジサイクリストの聖地。

 

また、中旬頃には初めて試乗会にも参加。

オータムサイクルフェスタ2018(試乗会)に行ってきた

到底買えない夢のようなバイクたちにまたがって遊びまくりました。

12月

12月に入ってからは膝の回復をしっかりと感じるようになって、グループライドに参加したり、積極的にローラーを回すようになりました。

今ではローラーでだいぶ負荷をかけることもできるようになったので、年明けからはヒルクライムもできそうです。

まとめ:1年を振り返って

今年1年を振り返ると、なんといっても8月の膝痛がターニングポイントでした。

12月にきて「ようやく回復したな」と感じましたが、8〜11月の約3ヶ月は「乗りたくても乗れない。乗っても楽しめない。」というツラい時間が続きました。

 

『体が資本』

 

これは自転車に限った話ではありませんが、健康でなければスポーツを楽しむことはできません。これからも無理をしないようにしたいものです。

 

 

さて、2019年はロードバイク3年生になります。

 

そろそろ初心者ヅラするのも苦しくなってきましたが、気持ちはいつも「初心者」でいつづけれられよう努めます。

 

なお、今後のブログの方針ですが、この2年間で得た”初心者”経験を活かし、2019年は「これから自転車を始める本当の初心者」に向けた記事を多く書いていきたいと思います。

 

この1年、お付き合いいただいた皆さまに深く感謝いたします。

皆さま、良いお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。