初のサイクルイベント参加に向けて服装や装備、注意事項を整理した

登録カード

こんにちは、@yurupotakです。

気づいたら、自身初のイベントとなる「ツール・ド・国東」の開催まで残り2日となりました。

毎年、天気が崩れやすい大会という噂もありますが、2017/5/1現在での大分県杵築付近の5/3の天気は「晴れのち曇り(降水確率:30%)」ということで、今年は大丈夫そうです。うれしいですね。

さて、先日送られてきた案内状をもとに、必要な服装や装備、そして注意事項を整理しておきます。

他のイベントでも共通する事項が多いでしょうから、これを機にアイテム類を揃えておきます。

装備(ヒト)

  • ヘルメット(ゼッケンステッカーとロゴステッカーを貼る)※ロゴステッカーは現地で配布
  • 手袋
  • サイクルジャージ
  • サイクルキャップ
  • アイウェア
  • ウインドブレーカー(今年は暑いからいらないかも?)
  • 修理工具一式
  • 健康保険証
  • 財布(お金)
  • スマートフォン
  • 補給食
  • 登録カード ※署名と押印が必要
  • コース地図

装備(自転車)

  • ベル
  • 反射板(ライトがあればいらない?)
  • フロントライト(Aコース・Bコースはトンネル有り)
  • リアライト(Aコース・Bコースはトンネル有り)
  • ゼッケンステッカー ※貼り場所の指定なし

注意事項(Bコース)

  • 出発5分前にはスタート位置に整列
  • スタートから鴨川先(約7km地点)までは、オートバイの誘導で2列縦隊で走行する。(指導オートバイの追い越しは厳禁)
  • 集団に付いていけない場合は道路左端に寄り、一列で走行する。
  • 事故や疲労などの理由で途中棄権する場合は、大会本部に連絡して収容車を待つ。
  • パンク等の修理は各自で行う(先日、パンク修理の練習済)
  • 食事、買い物、見物などで停車する場合は、収容車から見やすい位置に自転車を置いておくこと。
  • 要所に関門があり、著しく遅れた場合は協議の打ち切りや、コースの短縮走行などを指示される可能性がある。

最後に

細かい部分で何を準備すれば良いのかよく分かっていませんが、競技参加前にDNFにならないよう、案内書をしっかりと読んで準備したうえで臨みたいですね。

とはいえ、登録カードに「検車はしない」と明記してあるので、チェックされるのはヘルメットとゼッケンぐらいなのでしょうか。

しかし、申し込んだ時は「だいぶ先だな〜」とか思ってましたが、ほんと一瞬でしたね。

ロードバイク歴の長い先輩の話では、「イベントでは、第一エイドまではカオスになりやすいから周りのペースにうまく合わせて。そこから先は適度にバラけるから自分のペースで。」ということだったので、まずは第一エイド(Bコースだと16.5km地点)までしっかり集中していきたいと思います。

<参考:第1エイドポイント>

  • Aコース:武蔵町 椿八幡神社(30km地点)
  • Bコース:白鬚田原神社前(16.5km地点)
  • Cコース:南安岐地区公民館(13km地点)
  • Dコース:杵築小学校(15km地点)

参加される皆さん、無事に完走できるよう安全走行でいきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です