ロードバイクで三脚を持ち歩くためCUBEを購入。

velbon-cube

こんにちは、ゆるぽ拓(@yurupotak)です。

ロードバイクに乗って遠くに行けるようになるにつれ、たくさんの魅力的な風景に出会うようになります。

そこで記念に、スマホやカメラ単体でパシャリ・・・というのは”明るい場所で静止している物体”に対しては良いのですが、暗がりの場所や、流体の撮影においては不向きです。

そんな機会が多いのかと言われればNOですが、「ナイトライドで夜景を撮りたい!」とか「滝に行く!」と行った時にステキな写真が撮れるように、自転車で持ち運べるサイズの折りたたみ三脚を購入しました。

買ったモノ

開脚

三脚製品では有名なブランド「Velbon」の”CUBE”という小型三脚を買いました。

レビュー

パッケージ(表)

▲パッケージ表。お姉さんの写真の必要性について。

パッケージ(裏)

▲パッケージ裏には、使い方が書かれています。非常にシンプルで分かりやすい。

中身

▲パーツは2つだけです。

袋と本体

▲中に入っているのは、収納袋と本体のみです。

開脚状態

▲三脚を開いた状態。これが限界で、思ったより開きません。

脚が伸びる

▲脚の先が伸びる仕組みになっています。(7段)

雲台

▲カメラを乗せる台座(=雲台)です。一般的な三脚と異なり、このCUBEの雲台は外れない仕様になっています。

動く雲台

▲雲台は動かせます。横撮りだけでなく縦撮りにも対応しているということですね。

カメラをセット

▲カメラをセットしていきます。カメラ下部のネジ穴と雲台を結合させます。

セット完了

▲セットが完了。

脚を伸ばした状態

▲脚を最大限まで伸ばした状態。なかなかに脚が貧弱で不安になります。(ここらへんは価格相応ですね)

ちゃんと認識

▲脚を伸ばすと心もとない感じですが、三脚だということをちゃんと認識してくれているようです。

サイクルジャージの裏ポケットにも入る

ポケットにも入る

▲この三脚は、折りたたんだ状態だとジャージの背中ポケットに入れることも可能です。

実際にこの状態で走ってみましたが、ロードバイクは前傾姿勢になることもあって、落ちることはありませんでした。

三脚を使うとどんな写真が撮れるのか

細かい撮影技術などは省きます(いずれ記事で書きたいと思います)が、三脚を使うだけで、以下のような写真が撮れるようになります。

ホタル

▲ホタルの光跡を捉えた幻想的な写真。

三脚で滝を撮影

▲滝(水)の流れが白い線のように見える写真。(この写真は、今回買った三脚を使って撮影)

夜景

▲手ブレせず、海に反射する光を捉えた夜景。

最後に

私は普通の三脚も持ち合わせていますが、これを担いで走るのは重い・デカいの二重苦で、あまりに非現実的でした。

今回購入したCUBEが思ったよりも便利そうなので、これからますます「自転車×カメラ」ライフが捗りそうです。

なお、このCUBEは重量が390gで、ロードバイクで走るときの重りになるかもしれませんのであしからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です