久しぶりのグループデスライド〜生死の境を彷徨う〜

例年よりも早く桜が散りつつある今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、突然ですが九州にお住まいの皆さんは、「4月に雪が降る」なんて言われても、鼻で笑うのではないでしょうか。「コイツ、頭おかしいんじゃねーのwww」と。

ましてや、仮にそのような異常気象にあって、ライドに出かける人間がいるなどとは到底思わないでしょう。

今回は、そんな環境の中を走ってきた果敢な勇者たちの物語を綴りました。(これは、2018年4月7日に実際に起きたお話です)

 

ということで、前置きですでにネタバレしちゃったので、これ以上のネタはありません。そっと「戻る」ボタンをタップすることをオススメします。

走行コース(予定)

コースはこのような感じ。


「獲得標高:2480m」とかなってる時点で、この日はすでにおかしかった。

 

「久しぶりにグループライドに行ける」ということが楽しみで、前日まで獲得標高もルートも確認していなかったアホです。

ちなみに、この日の天気予報は「曇りのち晴れ」、降水確率は「30%以下」、気温が低いものの「まぁ、走れなくはないな」という印象でした。

メンバー

いつもの気心知れたメンバーなので、安心して普段どおりの自分を晒け出せます。(どういう意味かはご推察ください)

集合

集合は筑前前原駅にて。

自宅が一番近いはずの自分が一番遅れて到著するという、いきなりのクズっぷりを発揮していきます。

とにかく風が強く、気温が低いので、4人で「寒い〜〜〜!!」という形容詞を連呼。特にドルトさんは自走で来ていたこともあり、汗冷えでツラそうなご様子。

そして、これだけ寒いのに、やますたさんとドルトさんは夏装備という勇者ぶり。

とにかく体動かさないとヤバいということで、早々に出発します。

筑前前原駅〜長野峠

体が温まってきた頃に、長野峠(白糸の滝へ向かう坂)へ突入します。

ここで、やますたさんが担いでいる謎のリュックに、クレメルさんが反応。

リュックの中身は?

リュックの中身は?

クレメルさん

やますたさん、そのリュックなんですかー?
コーヒーセット入れてますw 山で飲もうと思ってw

やますたさん

クレメルさん

やっぱり!絶対何か仕込んでると思ったww

 

正直、このあたりまでは最高の気分でしたね。

 

今日のライドはとても楽しいものになる、キャッキャウフフしながら、天山のテッペンを獲って温かいコーヒーを飲んでいる4人の姿を、誰一人として疑いませんでした。

 

 

その結果が・・・コレだ。

 

 

 

雪ぇ・・・

 

 

雨じゃない。雪。

 

 

「4月の雪」

 

 

なんか歌の題名にでもなりそうなステキな響きだが、リアルで起こると悲惨でしかない。

 

この天気に愕然とするも、天気が回復するという予報を信じ、雪の中を登坂します。

長野峠の登坂

長野峠の登坂

 

天気は回復するどころか悪化の一途。気合いで登頂。

視界超不良

写真では分かりづらいですが、視界は真っ白です。

 

ドルトさんなんて、今にも雪に消えてしまいそう。

 

まぁ、正直ここで引き返しておけば良かったわけですが、「目的のちゃんぽんが食べたい」という一心で、佐賀方面へ下りることを決意します。

 

そして、この下りでさらに死ぬことに。

 

長野峠〜しゃくなげの里

雪とひょうの絶妙なコラボレーション

雪×ひょうの絶妙なコラボレーション

下りの寒さがおかしい。4人の口から悲鳴しか出ない。

 

クレメルさん

さ゛む゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛

やますたさん

指があぁぁぁああぁぁぁぁ!! ←指切りグローブ

ドルトさん

脚が(冷えすぎて)やばいぃぃいぃ

ゆるぽ拓

あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛

 

しかも、雪が”ひょう”にトランスフォームするので、痛い。

 

指の感覚がない。まともにブレーキもかけれない。そんな状況でただひたすら下ります。※もちろん写真なんか撮れてません。

しゃくなげの里

しゃくなげの里

ようやく「しゃくなげの里」に到着し、たまねぎスープとコロッケで暖をとります。

このあたりからすでに意気消沈ぎみで、「引き返そうか・・・」などという声も出ますが、「ここまで来たから、せめてちゃんぽんは・・・!」と、呪文のようにとなえつつ、さらに佐賀方面へ向かいます。

しゃくなげの里〜ちゃんぽん

寒さに耐えながら走る

寒さに耐えながら走る

佐賀市内方面に下っていくにつれ、雪が雨になっていきます。

もう鯉のぼりが飾られるような時期なのに、この寒さとかまじウケる。

ちゃんぽん

明日香大和店

明日香大和店

地獄の下りから佐賀の平地を抜けて、目的のお店「明日香 大和店」に到着します。

 

きくらげちゃんぽん

きくらげちゃんぽん

ようやく、目的の「きくらげちゃんぽん」と出会います。すごいボリュームで、麺までたどり着くまでがとにかく大変。

 

ドルトさんは、あまりのボリュームに途中で断念。

 

ドルトさん

もう、帰りたい・・・。

 

濃厚スープ+寒さ+疲労で、ドルトさんの“あきらめモード”が炸裂。

 

温かい食事で一息ついたものの、外の雨は一向に止む気配なし。

予定していたルートでは、これからがメインの天山でしたが、状況が悪すぎるので、来た道を戻り、唐津方面へ抜けることで合意します。

とりあえず、ちゃんぽん後に甘いモノが食べたくなったので、隣のコンビニで追加補給。

 

しかし、補給が終わったのに、一向に動こうとしない人々・・・。

 

クレメルさん

じゃあ、そろそろ行きますかw
・・・

やますたさん

・・・

ドルトさん

・・・

ゆるぽ拓

クレメルさん

ちょっとww反応してよww

 

みんな、寒くてお外に出たくないご様子。

 

それでもなんとか外に出て、またもや悲鳴を上げつつ、4人は自転車に乗ります。

折り返し、そしてさらなる地獄へ

「明日香」を出発し、来た道を戻って糸島方面へ向かいます。

そして、この頃から少しずつ晴れ間が見えだします。

 

やますたさん

あぁ〜、暖かい〜〜〜
これなら、天山行けたかも・・・って思っちゃうねw

クレメルさん

やますたさん

じゃあ、天山じゃなくて別のところを登りますか〜
いいですね〜w

ゆるぽ拓

みたいな会話を楽しみつつ、しゃくなげの里に向けて登坂。

 

しかし、風が強いので雲の動きが早く、雨が降ったり晴れ間が出たり。

 

ゆるぽ拓

あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛あ゛、さ゛ふ゛い゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛ぃ゛

 

という悲鳴と、

 

ゆるぽ拓

あぁ〜♪あったけぇ〜♪

 

という安堵を、ひたすら繰り返します。

 

再度、しゃくなげの里にて休憩し、ソフトクリーム等を補給。

しゃくなげの里に着く頃には良い具合に天気が回復していたので、みんなのテンションも少し回復します。

 

 

 

まぁ。。。

 

 

 

ここまでは、よかった。

 

 

 

それからさらに登り続けるも、どうも雲行きが怪しい。

 

 

 

その結果が・・・コレだ。

 

 

 

 

 

 

お分かりいただけただろうか。

 

 

 

「強風+雪」で、完全に吹雪。

 

 

 

4人は既に何かを乗り越えて笑いの境地に達し、吹雪の中をひた走る。

これが、桜も散りゆく九州の4月だと、誰が信じるだろうか。

 

こんな地獄の中を走り続け、唐津に向かう途中のコンビニで休憩します。

「停車したら、晴れる」 なにこれ。

 

最後に、唐津でめちゃうまいという評判の「けいらん」をいただきます。

もはや、このけいらんのために1日がんばったと言えるぐらい、やさしいお母さんの味でした。

解散〜糸島へ

けいらんを食べたのち、クレメルさん・ドルトさんとお別れです。

やますたさんと私は、海岸沿いを走って糸島方面へ戻ります。

ここにきて天候も回復したので、のんびり帰りたいなーと思っていた矢先、基本的に追い風という状況もあって、やますたさんが回す回す。

途中で脚が完全に終わってしまい、やますたさんについていくこともできず、追い風+惰性だけで走りました。

走行距離が100kmを超えると、途端に脚が回らなくなるのは自分の大きな課題ですね・・・。

そのまま無事に糸島市内へ戻り、やますたさんとお別れ。

おわりに

約2ヶ月ぶりのグループライドで、よもやこんなヒドい目にあうとは思いませんでしたが、おかげで”忘れたくても忘れられないライド”になりました。

皆さまも、「4月の雪」には十分ご注意ください。

 

今回ご一緒いただいた、やますたさん、クレメルさん、ドルトさん、ありがとうございましたm(_ _)m

 

あ、ちなみに、やますたさんが背負っていたバッグのコーヒーには結局ありつけず、やますたさんは1リットルの水を背負ったまま走り続けるというドMっぷりを発揮しました。(尊敬の念を込め、ここにご報告いたします)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です