apt’のビブタイツを買ってみた

ロードバイクを始めた当初,”ソレ”を見た私はこう思いました.

 

「くそダセェwww これはないわwww」

 

と.

 

それから約1年,自転車に関するWEBサイトや雑誌・マンガなどに毒されているうちに,人間はこうなるのです.

 

「ホスィ・・・」

 

と.

 

いやはや、人間の成長というのは著しいものですね(白目)

ということで,タイトルですでにネタバレしているくせに無駄に引き伸ばしましたが,このたび「ビブタイツ」なるものを購入しましたので,インプレ/レビューをしたいと思います.

購入したもの

apt'のビブタイツ

apt’のビブタイツ

おなじみ,私のお気に入りブランド「apt’」のビブタイツです.このブランドは「安くて良いもの」をウリとしているので,家庭持ちのパパローディーにとって非常に強い味方です.※企業の回し者ではありません

これを気に入った理由が,タイツ(ロングパンツ)という点です.

「ビブ」といえば「ビブショーツ」(ショートパンツタイプ)が一般的ですが,これを履くためにはスネの処理が必要です.

「剃ればいいじゃん」と思われそうですが,私は肌が弱いので,カミソリなんかで剃ろうもんなら、とんでもないことになります。また、脱毛クリームみたいなのも,肌が負けて悲惨な状態になることが容易に想像できます.

そのため,ずっとビブタイツを探していて、ようやくこの商品に出会えたというのがこれまでの経緯です.

もちろん,他の有名メーカからもビブタイツは出ています.しかし,どれも1万円をゆうに超えるので・・・まぁ買えないですね.

購入したのはMサイズ

購入したのはMサイズ

今回,私が購入したのは「Mサイズ」です.サイズ的にはピッタリでした.

参考
私のスペックは「177cm/64kg」です.(2018年4月時点)

着てみた

今まで使っていたロングタイでは,腰部分の紐でズレないよう締め付けていたのですが,ビブは肩で支えるため,肩に負荷がかかります.(慣れだとは思いますが,最初は違和感を感じます)

着てる写真でもあげてやろうかと思いましたが,鏡を見たら通報されるレベルだったので断念しました.

走ってみた(メリット)

ビブタイツを履いて走ってみた

ビブタイツを履いて走ってみた

ということで,さっそく履いて(着て?)走ってみました.

 

 

結果・・・

 

 

 

よーわからん.

 

 

 

これまで、ビブではないタイプのロングタイツを履いていましたが,それでも特に「ずり落ちるなぁ」という感覚はなかったので,効果はいまいち感じられませんでした.

ただ、これまで紐で縛って支えていたお腹部分が、ビブタイツは肩で支えることになるので、お腹の圧迫感は軽減されました。これは良かった点ですね.

しかしまぁ、それゆえにデメリットも・・・(以下に記載)

デメリット

出かける前に用を足そうと思ってトイレに入った瞬間,ハッとなりました.

 

 

え,これどうすんの・・・?

 

 

ビブタイツ(ショーツ)は,肩から足まで布1枚で繋がっていて分離しません.(分離するものもあるらしいですが,ご多聞に漏れずお高いらしいです)

でもって,股間のところにジッパーなんかないので,毎回,脱ぐorお腹部分の布を下に引っ張りながら処理をすることになります.

これは下ネタではなく、至って真面目な感想です.

おわりに

正直、効果よりも見た目で購入した感じ(いつものこと)なので、効果が薄くても後悔はしていません。実際に着てみて、テンションがだだ上がりしたのは間違いないので・・・.

これから梅雨時期を迎え、一気に地獄の夏到来ですが、今回手に入れたビブタイツとともに、真夏ライドを思いっきり楽しみたいと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です