初めてのステム交換(100mm→120mm)

120mmステム

ここ最近、ローラーに乗って感じていたことがある。

「なんかハンドル近くね?」と。

ローラーを何度か回しているうち、前傾姿勢がしっかりしてきたのか、ハンドルが近く感じるようになり、ハンドルの先端部分を持つことが多くなりました。

それで、漠然と「ステムが短いのかなぁ?」と思いつつ絶賛放置していたのですが、先日、「ビアンキカフェ&サイクルズ自由が丘」でフィッティングサービスを受け、その感覚が間違いではないと分かりました。

フィッティングサービスで、「ステムを100mmから120mmへ変更した方が良い」というアドバイスを受け、ようやく新しいステムを手に入れることができたので、初めてのステム交換にチャレンジです。

購入したステム

今回購入したステムは、「OS-168LX(OMEGA) ステム 120mm」です。

「FSA」ブランドのステムの中で、一番下位のクラスのステムになるようですが、重さの違いは大して分からないし、安いので、私のレベルでは十分です。

ちなみに、これはウエムラサイクルパーツ福岡店にて、3,230円で購入しました。Amazonより安いってステキ。まじステキ。

FSA OMEGA OS-168LX シュレッドレスステム ブラック 120mm(175-4940)

FSA OMEGA OS-168LX シュレッドレスステム ブラック 120mm(175-4940)

3,413円(12/10 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

準備するもの

  • ステム
  • アーレンキー(六角レンチ)

以上2つのみ。必要な工具が少ないのは初心者には非常にありがたいです・・・。

トピーク Xツール+ 携帯ツール シルバー(TOL40901)

トピーク Xツール+ 携帯ツール シルバー(TOL40901)

1,468円(12/10 02:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

ステム交換

現行ステムの取り外し

現行のステム(100mm)を取り外していきます。

全7箇所のネジを取ると、ステムが外れます。

もちろん、ハンドルも取れます。ハンドルは完全に宙に浮いた状態になるので、どこかに固定するなどしてワイヤーに負荷をかけすぎないよう注意します。

新ステムの取り付け

新ステム(120mm)を取り付けていきます。とはいえ、取り外したステムの逆の手順でハメていくだけなので、手順は割愛。

無事に取り付けが完了しました。

ハンドルを左右に振ってみて、ワイヤーの長さが足りているかを確認したら作業完了です。

新旧ステムの比較

新旧ステムをいくつかの角度で比較してみます。

長さ

長さの違いは当然「20mm(2cm)」ですが、実際に目の当たりにするともっと長く感じます。

たかだか20mm、されど20mmといった感じ。

重さ

旧ステムの重さは「148g」

新ステムの重さは「153g」

ということで、長さが伸びた分、ほんの少しだけ(5g程度)重くなりました。

全体観

旧ステムの全体観。バランス良く配置されてる感じ。

新ステムの全体観。ステムがとても長く感じる・・・。

さいごに

ようやくステムを伸ばすことができました。

まぁ、自転車の部品の中では割と安めな投資なのでなんとか・・・といった感じでしょうか。(高いやつだと、平気で数万円するみたいですが)

これで少しでもライドが快適になれば嬉しいです。

FSA OMEGA OS-168LX シュレッドレスステム ブラック 120mm(175-4940)

FSA OMEGA OS-168LX シュレッドレスステム ブラック 120mm(175-4940)

3,413円(12/10 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です