ロードバイク初心者向け Podcast 「Dancing FM」を配信中!

デイライトでより安全にロードバイクを楽しむ

普段、ロードバイクに乗る時に必ず着ける「ライト」

昼間(日中帯)の日が差している時間は、“ただの重り”になっていないでしょうか。

実は、ライトは昼間でも光を発することによって、身を守ってくれるアイテムになり得ます。

今回は、そのデイライトの魅力について書きました。

  • この記事はこんな方向け
    • より安全にロードバイクに乗りたい
    • ただ義務で着けているライトを活用したい
目次

ライト装着は義務

自転車において、ライトの装着は義務付けられている

ご存じのとおり、自転車においてライトの装着は義務です。

ロードバイクは、ママチャリなどの一般の自転車とは違い、購入時にライトが付いてこないので、別途、“着脱式のライト”を購入する必要があります。

この着脱式というのが曲者で、簡単に取り付け・外しができるゆえに、「どうせ今日は昼間しか走らないし、ライト着けなくてもいいや」と思いがちですが、これは法律違反です。

なので、たとえ日中であっても、外を走る時は必ずライトを着けなければなりません。

どちらにせよ、昼間しか走らなくてもトンネルなどがあって、ライトが必要になるケースって多いんですよね

400ルーメンでも十分に目立つ

私が普段使用しているのは「CATEYE VOLT400」です。

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT400 HL-EL461RC USB充電式

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT400 HL-EL461RC USB充電式

6,673円(11/26 19:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

400ルーメンという光量は、ロードバイクに乗る人にとっては弱〜中程度の光となりますが、それでも日中の強い日差しの中で、遠くから光を視認することができます。

参考までに、当ブログのトップページで使っている走行動画を見れば、その光の価値を分かっていただけると思います。

昼間に、400ルーメンのライトを点滅させながら走っています

より明るいライトの方が効果的

ataraxia_right_eye
私が使用している1,200ルーメンのライト

前述のとおり、400ルーメンのライトでも効果は認められますが、「これでは心細い」という方は、800ルーメンや1600ルーメンといった光量を持つライトを利用すると良いでしょう。

「光量が上がる=お値段も上がる」ということになりますが、最近は安価なモノも出てきています。(いくつかオススメの製品を以下に貼っておきます)

ライトはそれこそ選べないほどの種類が発売されてはいますが、日本メーカーである「CATEYE」のライトが、安心かつ安定しているので、価格にこだわらないのであればCATEYEがオススメですね。

おわりに

先日、日中帯にクルマを運転していた時に、前から向かってきたロードバイクに遠目ですぐに気づきました。

理由は、”ライト”でした。

自分が受け手(車の運転手)に立っても「気づきやすい」と思えるぐらいなので、デイライトは確実に効果があると思います。

自転車に乗る誰しもが共通して思うこと「安全に乗りたい」

これを実現する一つの手法として、デイライトを試してみてはいかがでしょうか。

走り出す前に、そこに着いているライトをポチッとするだけですよ。

私が配信しているロードバイク初心者向けPodcast「Dancing FM」でも、デイライトの魅力について何度も語っていますので、こちらもご興味があればこちらもどうぞ。(Podcastとはインターネットラジオみたいなものになります)

Episode4
Episode42
Episode45

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT400 HL-EL461RC USB充電式

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT400 HL-EL461RC USB充電式

6,673円(11/26 19:54時点)
Amazonの情報を掲載しています
キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT800 HL-EL471RC USB充電式

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT800 HL-EL471RC USB充電式

12,700円(11/26 23:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次