財布とスマホの防水対策はジップロックで

随分前になりますが、「ロードバイクに乗る時の持ち物を紹介」という記事で、自転車に乗る時には財布とスマホを持ち歩いているという内容を取り上げました。

当時、このブログを書いていた頃は財布とスマホを”そのまま”背中ポケットに入れていたのですが、汗による諸問題が発生したので、今は防水対策としてジップロックを使用しています。

私と同じような状況になる人が少しでも減るよう、ブログに詳しく書いておきたいと思います。

汗が原因で起きた問題

財布・スマホを背中ポケットに”そのまま”入れていた結果、以下のようなことが起こりました。

運転免許証の文字消え

ある時、寄ったお店で身分証の提示を求められ、当たり前のように運転免許証を出したところ、

「あの、誕生日のところが消えているのですが・・・」

と言われ、見事に文字が消えていることを発見しました。

財布に入れっぱなしの状態で普通に過ごしているだけでは考えられない現象だったので、「これ自転車(の時の汗)が原因やん・・・」と、すぐに分かりました。

運転免許証って、なんとなくしっかり作られてるイメージがあると思いますが、度重なる汗によってここまで劣化することもあるという一例です・・・。

キャッシュカードの磁気不良

前述の「文字消え」は大した影響がなかったのですが、こっちは大変でした。

ある日、お金を下ろそうと銀行でキャッシュカードを入れたら「お取り扱いできません」のメッセージと共に、カードが吐き出されました。

その後、何度やってもカードが使えないので、しびれを切らして再発行。

1ヶ月近くキャッシュカードが使えないという状況になり、とても不便な日々を送りました。(しかも私のカードは、クレジット・キャッシュ・交通系ICの多機能カードだったのでなおさら・・・)

汗の染み込み?で、磁気カードまで壊れるようです。

対処法

ここまで紹介したような無用なトラブルを避けるのに、簡単、かつ確実な対処法が“ジップロックに入れて持ち歩くこと”です。

この行為だけで、汗から守ることができるようになります。

私の場合、ジップロックのSサイズ(縦127mm×横177mm)にちょうどスマホと財布が入るので、余分にかさばることもなく、安全かつコンパクトに持ち運ぶことができています。

スマホも、指紋認証でなければジップロックに入れたままで使用することが可能です。(さすがに、ジップロックに入れたまま写真を撮るのは微妙ですが・・・)

おわりに

今回は財布とスマホについて取り上げましたが、それ以外のものでも、汗から守りたければ同じようにジップロックが活用できます。

ジップロックはSサイズ(18枚入り)なら200円程度で買えますので、私のような失敗をしたくない方はご検討いただければと思います。

なお、今回のブログの内容は「Dancing FM」のEpisode5でも取り上げていますので、こちらもぜひお聞きいただければ幸いです。

Dancing FM Episode5

※Dancing FMの最新・過去のエピソードはAnchorのWEBサイトから確認できます。

ジップロックフリーザーバッグS50枚入

ジップロックフリーザーバッグS50枚入

648円(11/18 02:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。