apt’のウインドブレーカーを着たら極寒の下りが楽になった

aptウインドブレーカー表

この時期は朝夕が寒いうえ、峠の下りにいたってはまさに”極寒”なので、ライドの寒さ対策としてウインドブレーカーを購入しました。

ブランドは、サイクルジャージやグローブに合わせて「apt’」製品を選択。

今回は購入したウインドブレーカーについて、インプレ/レビューしたいと思います。

購入したモノ

aptウインドブレーカー表

「apt'(エーピーティー) サイクルウェア 冬用 ウインドブレーカー レインジャケット」です。

防風・防寒に加え、防滴対応なので、レインコートとしても利用できます。

開封レビュー

さっそく届いたモノを開けていきたいと思います。

届いたまま

▲透明の袋に入った状態で届きました。

素材

▲購入したのはMサイズです。

参考
私のスペックは「177cm-66kg」です。

aptウインドブレーカー表

▲表面。グレー地に赤ラインと、非常にシンプルでかっこいい。

aptウインドブレーカー裏

▲裏面。

aptロゴ

▲裏上部には「apt’」のロゴが入っており、ちょうど肩甲骨あたりの部分から空気が出入りする構造になっています。

脇部分

▲脇下の部分はメッシュ構造になっています。

背中ポケット

▲背中ポケットは1つで、チャックで閉まるようになっています。

背中は薄い

▲後ろのタタミが透けて見えるほど、背面は薄い造りなっています。

コンパクトにたためる

▲薄いので、コンパクトにたたむことができます。

背中ポケットにも入る

▲少し不格好ではありますが、たたんでしまえば背中ポケット(写真は夏用ジャージ)にも入ります。

実際に使ってみた感想

「こんな薄いので本当に大丈夫か??」と、最初はかなり不安に思いましたが、実際に走ってみて驚きました。

ゆるぽ拓

うはwwww寒くないwwww

あまり期待していなかっただけに、こんなに効果を体感できるとは・・・嬉しい誤算でした。ちゃんとしたウインドブレーカーって、こんなに風を通さないものなんですね。(ウインドをブレイクするための服だから当たり前)

 

最後に

実はこのウインドブレーカー、昨年の11月末ごろには購入していたのですが、真冬でも本当に使えるのか確認していたため、ブログに書くのが遅くなりました。

結果からいうと、冬場でもジャージの上から羽織るだけで、かなり高い防寒効果が確認できました。特にダウンヒルではかなり重宝します。

他メーカのお高いサイクル用ウインドブレーカーはもっとすごいのかもしれませんが、3,000円程度でこの結果だったので満足な買い物でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です