パパローディーあるある

いつもどおり、誰のためにもならないブログを書こうと思います。

我が家には、妻が1人と未就学児が2人います。妻が1人じゃなかったら、逆にどういう状況なのか知りたいですよネ。

昨年12月に自転車を始めてから早9ヶ月が経過し、少しずつ自転車の時間を確保できるようになってきたのですが、家族がいるので確実に乗れる日というのはありません。ましてや、小さな子供がいるとその傾向がより強くなります。

そこで、今回はそんな、”お父さんローディーならではの日常や苦悩”を綴りたいと思います。

※今回の記事はあくまで私見です。各々の家庭で状況が違うことはご承知おきください。

週末に高熱を出される

子どもというのは、唐突に熱を出します。が、それは大人も同じなので仕方のないことです。

 

しかし、そのタイミングが超絶に悪い。

 

週末、特にグループライドの予定が入っている時を狙ったかのごとく、林修氏ばりの「いつ熱を出すか?・・・щ(゚д゚щ) いまでしょ。」を繰り出してきます。

そうなると、いくら自転車ライフが大切とはいえ、家族より優先するわけにはいかないパパローディーは、走ることをあきらめて、子どもの看病で週末を過ごすことになります。

パパローディーは週末を楽しみにしつつ、同時に「子どもの体調不良」という恐怖とも戦っています。

メンテナンスの邪魔手伝いをしようとする

子どもは、お手伝いをしたがる生き物です。

 

「明日は楽しいライドの日。少しでも長い時間乗れるよう、事前にメンテナンスを終わらせておこう。」

 

と思って自転車のところへ行くと、後ろから小さいのがついてきます。

 

ついてきても、メンテナンスしているのを黙って見てくれていればいいのですが、もちろんそんなことはありません。

 

チェーンに注油していると、「これ(クランク)回してあげる!」

ギアチェンジの確認をしていると、「(シフトレバーを)カチカチしたい!」

ベルの鳴らし方を教えると、無限にリーン、リーン、リーン・・・

空気入れで、風を顔にピューピュー、ヾ(´∀`)ノキャッキャ

不用意に触って、「おててが黒くなった!」

 

パパローディーは、左目で自転車、右目で子どもを見ながら日々メンテナンスを行っています。

自転車で出かけるのにも一苦労

ローディーの朝は早いので、子どもが園に行く前に自宅を出発することもあります。

子どもは親がどこかへ行こうとする行為にとても敏感で、玄関付近でガサゴソしていると、リビングからすごい勢いで飛んできます。自分も一緒に連れて行ってもらうためです。

なので、パパだけ出かけようとすると「一緒に行く!」や、「えっ、お父さん自転車行っちゃうの・・・?(´;ω;`)」といった反応をされ、説得するのに小一時間を要します。

そんなわけで、パパローディーが集合時間に遅れても、頭ごなしに怒るのはやめてあげてください。実はこういう背景があったりします。(遅れた分、めいっぱい回せというのは勘弁して・・・)

パパは自転車でどこまでも行けるらしい

子どもは、自転車に乗ったり触ったりしているパパの姿を見ているうちに、「パパはいつも自転車でお出かけ」と認識します。

そうすると、出張先で電話している時も、

 

「お父しゃんどこに行っとるとー?」

 

『とうきょうだよー』

 

えー!自転車で行っとるとー?

 

と、なんでも自転車に結び付けられます。

パパローディーには、子どもの無垢な質問にも真摯に対応する姿勢が求められます。

最後に

まぁ、色々と大変なわけではありますが、子どもというのは憎めません。

家庭によって事情が違いますが、私は出張で家を不在にすることも多いので、子どもからしたら”パパはレアキャラ”。家にいる間はほとんど離れてくれないので、子どもの目を盗んで自転車に触れるのは一苦労です。

全く参考にならないと思いますが、独身ローディーもしくは、これから子どもを授かる予定の方々は、このあたりを覚悟のうえでロードバイク人生設計をご計画ください(笑

2 Comments

けにちん

初めまして。今年、40のオッサンですが…

ウチは1番上が中学2年ですが…知り合いからロードを譲ってもらい…息子と2ヶ月しか変わらない新米ローディーです。

上の息子は共に楽しんでおりますが…1番下の娘は近い感情の様です…,.

お察し致します。(笑)

返信する
yurupotak

>けにちんさん

コメントありがとうございます!!
共感していただけたようで・・・非常に嬉しい限りです(笑)

引き続き、パパローディーをがんばっていきますm(_ _)m

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です