Bianchi IMPULSO Tiagraを注文

前回のブログで、購入先をリアル店舗からネット通販へ切り替えた私。

こうなると、ネットサーフィン(死語)の得意な私の検索テクニックが光る光る。

「IMPLUSO 105・・・いいけど、予算オーバー。NIRONE7 SORA・・・良さそうだけど、すぐ上のモデルが欲しくなりそう(なんじゃそら)」

と、初心者で違いも分からないくせに、直感だけでこれは良い、これはダメと選別していく。

そんな時、後輩からLINEでURLが送られてくる。

後輩「型落ち(2016年モデル)ですが、このサイトは安いですよー」
私「おおー!」

送られてきたURLから「53サイズあります!」と書いてあるモデルを探し、予算内のものをチェック。すると、

「2016 Bianchi IMPULSO Tiagra」 119,000円(税込み)

というモデルを発見。直感でピーンときました。

私「これだ!!えーっと・・・在庫状況はメールにてお問合せください?はいはい分かりましたよ」

高鳴る鼓動を抑えつつ、仕事で鍛えられた得意の高速タイピングで、さっそく問い合わせメールを送ってみる。

在庫問合せ

後輩にも報告。

私「このモデルで問い合わせメール送ったよ!」

後輩「はやっ!おめでとうございます!!」

私「え、問い合わせしただけで注文してないよ?」

後輩「え?注文するつもりのない問い合わせってあるんですか?」

私「(しまった、忘れてたけどこいつも頭おかしかったんだ・・・)」

安かろう悪かろうだと心配なので、メールの返信を待つ間に、そのネットショップの評判を調べる。

そこそこ評判は良いみたいなので一安心。

しかし、好きな人にメールをして返事を待つかのごとくメール返信を待つものの・・・来ない。

昼にメールをしたのに、その日は結局メールが返ってきませんでした。

私「メールしたのに返事返ってこないよ!ひどくない!?」

後輩「そんなもんです」

私「あ、そうですか」

私がせっかちなだけのようです。(あとでわかったことですが、そちらのお店では1日1回しかメールチェックしていないようでした)

そして次の日、店舗からの返信メールが・・・。

「53サイズ 在庫ございます。ただご注文のタイミングによっては無くなるケースもございますので、ご注文はお早めに。」

どうしよう・・・これで条件が揃ってしまった・・・。

頭を冷やすために「ろんぐらいだぁす!」のマンガでも見返そう。←

うおおお、葵かわいいいいいい!!

冷えるどころか、さらに加熱した私の脳は両手に司令を与え、

注文メール

我に帰ったときには、こんなメールが送信されていた。

注文・・・しちゃった。

はてさて、この注文から一体どれぐらいで手元に届くのでしょうか。楽しみでなりません。

<余談>
私はたまたま身近に詳しい人間がいたので良かったですが、始めてのロードバイク購入は、きちんとプロの方にポジショニングとかをチェックしてもらって、相談しながら決めるのがいいんでしょうね。(プロの方が信頼できますし、何より色々と教えてもらえて勉強になりそう)

ただ、今回色々と調べてみて分かりましたが、通販の方が一般的には安いです。在庫状況なども分かりやすいので、私のようにコミュ障兼短気な方にはオススメできる買い方かもしれません。(あとあと苦労しそうですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です