屋外ローラーのメリット・デメリット

外出自粛でローラーが捗るとはいえ、暗い部屋で同じ風景を見続けるのも辛いですよね。

SNS等を見ていると、最近屋外でローラーをやっているという方も増えているようだったので、試しに屋外でローラーをやってみたら予想以上に良かったので、コロナ禍の自粛要請中でもできる外ローラーのメリットとデメリットについて書いてみました。

屋外ローラーのメリット

まずは、屋外ローラーのメリットについて書きます。

太陽光を浴びることができる

自粛期間中では、多くの方が太陽光を浴びる時間が減っていると思います。

生物学的な話は割愛しますが、人間は太陽光を浴びないと身体に不調をきたす生き物です。

そこで、散歩などで適度に太陽に当たる必要があるのですが、屋外ローラーによって「光合成+運動」が一気にできます。まさに一石二鳥!

テレワークだと、極端な話、勤務時間ギリギリに起きても間に合うわけですが、そのまま仕事をしていると頭がうまく働かないことがあります。実はその理由は、通勤がないからです。

実は通勤は、少なからず太陽光を浴びることになるので、身体を整えることにつながっています。それぐらい太陽はありがたみのある存在だということです。

少なからず外を走っている気分になれる

気分って大事ですよね。

太陽に当たりつつ、景色を見ながら回しているだけで外を走っているような気分になれます。(厳密には外を走っているわけではありますが)

室内で室外で同じ1時間ローラーするとしても、開放感や達成感が全く違うように感じます。

音を気にしなくて良い

“騒音・振動問題”に関しては、屋外ローラーで回避することができます。

実際に外でやってみれば分かりますが、外だと音が分散するので、ほとんど気になりません。地面なので、当然振動も気になりません。

騒音・振動で屋内ローラーができないという方は、自粛期間をうまく活用して、屋外ローラーを試してみると新しい気づきが得られるかもしれません。

(小学生ぐらいであれば)子供も一緒に連れ出せる

これは子持ち限定の話ですが、子供も学校等が休業なので、コロナストレスが溜まっています。

そんな状況なので、パパが外にローラーを出そうもんなら喜んでついてきます。

自分の目の届く範囲にいることを条件として、適当に遊ばせるだけで、自分にとっても、子供たちにとっても楽しい時間を過ごすことができます。

しょっちゅう喋りかけられるので、負荷トレーニングには不向きですが、汗を流すぐらいのローラー運動なら子連れ屋外ローラーも選択肢の一つになります。

屋外ローラーのデメリット

ここまで屋外ローラーのメリットを挙げてきましたが、逆に以下のようなデメリットもあるので、これらも踏まえて実施の可否を検討したいところです。

家庭・住宅環境に左右される

私はたまたま、住んでいる集合住宅の共用部スペースが広くて屋外ローラーができますが、一般的なマンション等では玄関前の廊下や、ベランダぐらいしかスペースがないと思います。

屋内でのローラーもそうですが、屋外も住宅環境によって「できる・できない」が明確に分かれるかと思います。(駐車場とかならありかもしれませんが・・・)

見られたら恥ずかしい

戸建のように庭があれば人目につきませんが、集合住宅となると話は別です。

例えばマンションの廊下や駐車場などでローラーをしていると、このご時世なので「自転車に乗りたいけど、自粛期間に合わせて自宅でやってるんだな」と好意的に受け取ってくれる方もいるかもしれませんが、ほとんどの場合、変な目で見られるでしょう。

通報まではされないと思いますが、屋外ローラーでは、笑われても耐えられる強靭なメンタルが求められます。

ローラーを外に出すのは意外と面倒

ローラーは手軽に持ち運びができるものですが、それなりに大きくて重いです。

なので、外に出すのが意外と面倒です。特にスマートローラーともなると重さがより増えるので、余計に大変だと思います。(いったん、自転車をローラー台から外すという手間も発生します)

それすら筋トレだとポジティブに受け止められる方ならいいですが、大半の方はそうではないと思うので、面倒くささは感じるかと思います。

外ローラーができるのは今の時期だけ

今この記事を書いているのが5月初旬で、ちょうど気候も良く快適なのですが、これからさらに暖かくなると色んな弊害が出てくると思います。

中でも、大敵は“虫”でしょう。暖かくなってシャバに出てきたばかりの虫は元気で厄介です。

5月中旬ぐらいからはハチや蚊などが猛威を振るい始めてくるので、外ローラーを思いっきり楽しめるのは今の時期だけだと認識しておいた方が良いかと思います。

痩せるローラー法は「Dancing FM」で紹介

私がパーソナリティを務めているロードバイク初心者向けPodcast「Dancing FM」で、痩せるローラー法を紹介しています。

もし、体系維持やダイエットを目的としてローラーをやっている方がいれば、チェックいただけると嬉しいです。もちろんローラー法以外のロードバイクに関する情報もたくさん聞けますよ!

おわりに

STAYHOME

屋外ローラーは良いことばかりではありませんが、このコロナ禍の自粛期間中において非常に良いストレス解消になるので、ローラーをお持ちの方にはぜひ一度だけでも良いので体験していただければ嬉しいです。すごく気持ちいいですよ!!

単調なローラーに、少しでも新しい刺激を与えて、この辛い時期を乗り切りましょう!

STAY HOME

タックス(Tacx) NEO 2T Smart

タックス(Tacx) NEO 2T Smart

176,220円(11/28 10:06時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。