タイヤをvittoria RUBINO PROに交換

先日、外を走ってから家でタイヤを拭いている時に、ある異変に気づきました。

どこかで擦ったのか、一部分だけ剥げています。

ライド仲間に見せてみたところ、「バーストやパンクの原因になるので変えた方がいい」との助言をもらったので、新しいタイヤに交換しました。

購入したタイヤ

新たに購入したのは、「vittoria RUBINO PRO」です。

ウエムラサイクルパーツ福岡店で、1本あたり3,750円(税別)で購入しました。

メーカー小売価格が5,000円(税別)であることを考えると、だいぶ割引された価格で買えたことがわかります。

が、家庭持ちローディーにとってはかなりの出費であることは否めません・・・なんでこんなに高いんだ。

サイズは700×25C

サイズは700×25C

タイヤのサイズは、使い慣れている700×25Cにしました。

タイヤの溝模様(?)はこんな感じです。

タイヤ装着

Newタイヤを装着していきます。装着方法については割愛。

装着完了しました。見た目は私の好みです。

走ってみた(インプレッション)

Newタイヤで登坂

Newタイヤで登坂

新しいタイヤに替えたからには、走りに行くのが義務。

ということで、自宅から近い小さな山に登ってきました。

感触は良く、平坦はしっかり踏めるし、登りでダンシングしても抵抗が強いような印象は受けませんでした。

RUBINO PROを選んだ理由

これまで使用していたコンチネンタルの「Ultra Sports2」のうち、今回の異常を発見したのは1本だけなので、「また同じものを1本買えばいいのに・・・」と思われそうですが、Ultra Sports2は、ダンシング時の感触があまり好きではありませんでした。

ultra-sports2横から タイヤをUltra Sports2(イエロー)に交換

そのため、今回を機にタイヤを一新してみようと考えた次第です。

色々と比較をしてみたのですが、納車された時に装着されていたvittoriaのZAFFIROはダンシングしやすかったので、「同じvittoriaなら合うかもしれない」という、なんとも短絡的な理由で、RUBINO PROを選びました。

とはいえ、RUBINO PROの方が高価ということもあり、同じvittoriaでもZAFFIROより性能が高いことが分かります。(メーカ公表値)

おわりに

普段、外を走る時にスペアのタイヤは持っていってないので、トラブルになる前に交換できてよかったです。

外を走って、そのまま自転車を家の中に入れて汚れるのが嫌なので、ライド後に毎回タイヤを磨くようにしていましたが、この行為が功を奏しました。

私が行っているタイヤメンテナンスについては、以前の記事で書いていますので、ご興味があればそちらもどうぞ。

タイヤに擦り込んでいく タイヤのツヤを出してちょっと幸せになる方法 新しいタイヤと共に、引き続きロードバイクライフを楽しみたいと思います。

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です