輪行の練習をしてみた

最終的にはこんな感じ

こんにちは、ゆるぽ拓(@yurupotak)です。

ここ最近、100kmぐらいは特に問題なく走れるようになってきたこともあって、次なる目標として100マイル(=160km)を目指しています。一般的に「ロングライド」と言われるレベルの距離だそうですね。

それで、ぼっちでロングライドを目指すとなると、気になるのがダウンした時やトラブル時の対処です。

パンクといった軽微(?)なトラブルであれば練習もしているので多分対処できると思いますが、急な雨や自走不可状態(もしくは自分の技量では修理不可)となると、ロードサービスか最寄りの駅から輪行することになります。

ロードサービスであれば、必要なのは電話スキルだけですが、輪行となると輪行袋にロードバイクを入れるスキルが必要になります。そこで今回は、ロングライドに挑戦する前に輪行の練習をしました。

準備するもの

  • 輪行袋
  • やる気←

参考にしたもの

本書について、先日レビュー記事を書いていますので、ご興味があればそちらもどうぞ。

輪行袋を開けてみる

オーストリッチ輪行袋

▲私の持っている輪行袋は、OSTRICH(オーストリッチ)のロード320です。実はこれ、自転車が納車された日に、会社の後輩からお祝いとして譲り受けたモノで、かれこれ5ヶ月ほど放置してました。

輪行袋の中身

▲中身はこんな感じです。左から、ショルダーベルト・中締ベルト、袋、リア用エンド金具になります。本来であれば、これにフレームカバーも入っているらしいですが、これは貰い物なので入ってませんでした。

袋を開くとこんな感じ

▲袋を開くとこんな感じ。思ったより大きいです。

リアエンド金具

▲リアエンド金具を組み立てるとこんな感じ。最初は「なんだこれ???」ですが、あとでこいつの効果が分かります。

袋に入れる準備

アウタートップにする

▲まず、ギアをアウタートップにします。

 

ホイールを外す

▲ホイールを外し、逆さまにします。

リアエンド金具取り付け

▲リア部分に、先ほどの金具を取り付けます。これによってリアエンドを保護することができます。よく考えられてるなぁ。

輪行袋に入れていく

まずは横からかける

▲輪行袋を半開きの状態で、リア側から入れていきます。このあと、車体を立ててからホイールを収納するわけですが、さすがに両手が塞がって写真が撮れなかったので、ここから一気に端折ります。

最終的にはこんな感じ

▲最終的にこんな感じになりました(端折りすぎ!!)。正直、これで合ってるのかすら良くわかりません・・・。ちなみにこれ、壁に立てかけているわけではなく自立しています。

袋を閉じる

▲袋を閉じた状態です。ちゃんと袋に入ったということは・・・OKってこと?

こんな感じで持ち歩く

ショルダーベルトいらず

▲参考書のやり方だと、こんな感じで脇で抱えて持つことができます。腕だけでなく、フロントスポーク部分を肩の上に乗せて負荷を分散することで楽に持ち運べます。この状態だとショルダーベルトも不要です。(撮影協力:子供)

こんな感じで運ぶ

▲ロングライドの際、輪行袋はこんな感じで持ち歩くことになりそうです。

最後に

本を見ながらやってみましたが、静止画と文書だけでは分かりづらいですね・・・何とか形にはなったものの、細かい部分で間違いがありそうなので、動画とかを見て再練習したいと思います。

また、近いうちに初輪行を計画します。市街地とは逆の方向で、利用者の少ない時間帯に電車に乗ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です